2018年11月19日 05時00分 公開
特集/連載

時と場合に応じた選択を中小企業がSaaS ERPの導入に踏み切る条件とは?

中小企業がSaaSのERPを導入しようとした場合、オンプレミスでの導入よりも多くの問題に直面する。そして、クラウドERPが全ての企業にフィットするとは限らない。

[Scott Robinson,TechTarget]
画像 何も考えずSaaSのERPを選択すれば良いというものではない

 人工知能(AI)は少なくとも一部のアプリケーションでは定着したようだ。AIがビジネス、経済、さまざまなサービスにもたらすメリットは非常に大きい。だが、そうしたメリットは誰もが平等に受け取れるわけではない。

 大半の主要なSaaS(Software as a Service)のERPの場合、コストはそれほど問題にならない。各ERPには何らかのAIが組み込まれており、そのほとんどは企業の規模に関係なく利用できる。問題になるのは「対象範囲」と「カスタマイズ性」だ。SaaS ERPで用意されている分析には制限があり、ユーザーは限られた分析しかできない。分析自体を拡張するのは言うまでもなく、出力結果を自社用に微調整するのも手間がかかり、大量のリソースが必要になる。

 端的にいえば、クラウド型AIに頼りきりになることはできず、社内に分析スキルを有する人材が必要になる。しかし、そのコストは実に高額だ。

クラウド型AIの危険性

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...