2019年09月06日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)の10大コンポーネントをおさらい「FI」「CO」「PP」「MM」とは何か?

「SAP ERP」の中核となるソフトウェア「SAP ECC」は、多数のコンポーネントで構成されている。ユーザー企業がよく導入している10個のコンポーネントについて、機能と用途を解説する。

[Gabriella Frick,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 在庫管理 | 生産管理 | 製造業 | SAP ERP


画像

 SAPの「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)は、オンプレミスのERP(統合業務)ソフトウェア群「SAP ERP」の中核となるソフトウェアだ。SAP ECCは、社内のビジネスプロセスを統一し、あらゆる部門の相互のやりとりが簡単になるよう設計されている。

 SAP ECCは、特定の分野に関するコンポーネントや、ビジネスのデータをリアルタイムに収集するコンポーネントなど、複数のコンポーネントで構成される。SAP ECCコンポーネントで収集したデータは、販売や製造のような関連分野で使用することができる。SAP ECCコンポーネント同士を連携させることで、データに基づくビジネス上の意思決定の最適化が可能になる。SAP ECCの前身となるSAPの「SAP R/3」は、コンポーネントに相当する要素をモジュールと呼んでいた。

 本稿は、SAP ECCコンポーネントのうち、最もよく導入されているコンポーネントのトップ10を一覧にして紹介する。SAPは新たなERP製品の最新版「SAP S/4HANA」を販売しており、SAP ERPの保守サポートは2025年で終了する。それでも現在、SAP ERPを使っている企業は少なくない。SAP ERPを最大限に活用できるよう、この一覧をガイドや早見表として使用してほしい。

SAP ECCのコンポーネント10個

財務会計(FI)

 「財務会計」(FI)は企業の財務取引を処理するコンポーネントだ。「売掛金」「買掛金」「銀行関連会計」「資金管理」「旅費管理」などのサブコンポーネントのデータを可視化したり、統合したりするために使われる。FIは「SAP FICO」を構成するコンポーネントの1つだ。SAP FICOは、FIと後述の「管理会計」(CO)を組み合わせ、SAP ECCの中核コンポーネントとして表すために使われる用語で、2つのコンポーネントが密接に結び付いていることを示している。

管理会計(CO)

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...