2011年02月25日 11時00分 公開
特集/連載

「オープンソースERP」はユーザー企業に何をもたらすのかERP NOW!【第5回】

オープンソースライセンスのERPパッケージが注目されています。どのような製品があり、ユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。選択の視点を考えてみました。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 オープンソースライセンスで提供されるERPパッケージの選択肢が増えてきました。LinuxMySQLに代表されるオープンソースライセンスのOSやデータベース、ミドルウェアは企業の情報システムの中で既に大きな存在感を持っています。オープンソースERPも同様に企業で幅広く使われるようになるのでしょうか。

無料で利用可能

 「サービス業」「電子機器メーカー」「専門商社」。オープンソースERPの「Compiere」の日本語ページには日本企業の導入事例が並びます。Compiereは米Compiere(2010年6月に米Consonaに買収された)が開発するERPで、1999年からソースコードが提供されています。世界での導入は1000件以上といいます。機能としては顧客管理、販売管理、仕入購買管理、在庫管理、財務会計、実績分析、プロジェクト管理を持ち、一般的な商用ERPと大きくは変わりません。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...