2012年07月17日 09時00分 公開
特集/連載

【市場動向】導入100億円は昔の話? ERPを高くする技術、安くする技術ポイントはカスタマイズ、アドオンの抑制

導入や運用保守に多額のコストが掛かると思われているERPパッケージ。かつては100億円規模の導入プロジェクトも走っていたが、現在はコストを抑える方法、技術が生まれている。低コストなERPを選ぶポイントとは。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージついての読者調査でERPについての不満点を尋ねると、コストに関する不満が多く集まる。ライセンスや運用管理保守のコストを高いと感じるERPユーザーが多いようだ(参考記事:会員調査で浮かび上がるERPのコスト問題、IFRS対応への影響は)。 アクセンチュアのエグゼクティブ・パートナー 米澤創一氏と、シニア・プリンシパルの渡辺哲弥氏への取材を基に、導入、運用保守にコストが掛からないERPを選ぶポイントをまとめた。

 かつてのERPは確かに高コストだった。1990年代の第1次ERPブームの頃にはERPの大規模導入プロジェクトで30億〜100億円が掛かるケースが国内でもあった。当時はハードウェアが現在と比べて高額で、ERPの導入エンジニアが少ないこともあり、人月単価も高額だった。しかし、何よりもコストを押し上げていたのはERPのカスタマイズアドオン開発だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...