2011年02月01日 15時00分 公開
ニュース

日本オラクル、ERPのアップグレードを促す新プログラムNEWS

ミドルウェアを利用してもらうことでERPのアップグレードを容易にする――日本オラクルがこのような支援プログラムを始めた。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは1月31日、同社のERPパッケージを使っているユーザー企業のアップグレードを支援する新しいプログラム「Fusion Middleware for Apps」を始めると発表した。ミドルウェアの活用をユーザー企業に促すことで、アップグレードに伴う障害を取り除く。

 プログラムは最新バージョンの「Oracle E-Business Suite R12.1」「JD Edwards EnterpriseOne 9.0」「PeopleSoft Enterprise 9.1」「Siebel CRM 8.2」へのアップグレードを検討しているユーザー企業が対象。オラクルのミドルウェア製品群である「Oracle Fusion Middleware」を利用した場合のアップグレードの容易さや効率性、操作性の向上などを無償で検証し、移行方針などを策定する支援を行う。

画像 日本オラクルのアプリケーション事業統括本部 アプリケーションビジネス推進本部長 末兼達彦氏

 日本オラクルのアプリケーション事業統括本部 アプリケーションビジネス推進本部長 末兼達彦氏は、Fusion Middlewareを利用してERPをアップグレードすることで、ERPのグローバル対応やガバナンス、セキュリティ強化、柔軟性の向上などが進むと説明。特にERPに付きもののアドオン開発では、ERPに付属する開発ツールでアドオン開発をするのではなく、Fusion Middlewareの開発ツールを使うことで、アドオンプログラムの「再利用性や生産性が上がり、コストを削減できる」とした。

 オラクルにとって今回のプログラムはERPのアップグレードを促すだけでなく、Fusion Middlewareの良さをユーザー企業に知ってもらう面も強いようだ。オラクルはまた、アップグレード支援を行うパートナー企業のサービスを18社、24種に拡張した。

 末兼氏によると、Oracle E-Business SuiteやPeopleSoft Enterpriseを使っている国内ユーザー企業のうち、約4割はアップグレードが必要な状況にある。今回のプログラムを開始することで今後3年で、この4割のユーザー企業の大半をアップグレードさせたいとしている。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | ERP | ミドルウェア


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...