2011年01月17日 08時00分 公開
特集/連載

ERP導入フェーズで欠かせないユーザー部門参加の極意ERP成功のヒント【第4回】

ERPパッケージの選定が終わった後に開始されるERPの導入フェーズ。そこで重要になるのがユーザー部門のプロジェクト参加だ。当事者意識を持ってもらい、積極的にかかわってもらうにはどうすればいいのか。

[五島伸二,アドバ・コンサルティング]

 前回まではIT部門から見たERPパッケージの選定について説明した。今回から3回にわたって、ERP導入フェーズにおけるポイントを同じくIT部門の視点で説明する。

導入フェーズの概要

 計画フェーズにおいてERPパッケージと導入ベンダーが決まり、ERPの導入フェーズに入る。下表のBの部分がERPの導入フェーズの作業内容である。導入フェーズは、通常は半年から1年ぐらいのプロジェクトとなるが、グループ会社に順次展開して導入するようなケースだと、2年から3年に及ぶこともある。導入フェーズのプロジェクトメンバーの構成は、計画フェーズに比べるとユーザー部門からの参画メンバーの比率が多くなるのが通常である。

作業フェーズ 作業内容
A.計画フェーズ システム化計画 ・ERP導入目的など、ERP導入の基本的な事項を計画
要件定義 ・ERPに求められるシステム要件を定義
ERP選定 ・システム要件を基礎として、実際にERPパッケージと導入ベンダーを選定
B.導入フェーズ 導入計画 ・導入スケジュール、成果物、プロジェクト体制など導入フェーズの全体計画を策定
要件定義 ・業務要件を詳細に定義し、システムの要件に落とし込む
・プロトタイプによる確認
開発 ・要件定義に沿ったERPシステムの設定
・アドオン開発
テスト ・システムテスト
・運用テスト
ユーザー教育 ・マニュアル作成・エンドユーザー教育
移行 ・既存システムからマスターデータや残高データなどを本番環境に移行する
本番稼働 ・新ERPによる業務運用を開始する

 以下、筆者の経験の中から、導入フェーズをスムーズに進めるためにIT部門が留意すべきポイントをお伝えする。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...