「GLOVIA smart きらら」はクラウドERP市場で輝けるかクラウドERP製品カタログ【第1回】富士通

ERPの新たな選択肢として浮上してきたクラウドERPに企業が注目している。その中で富士通の「GLOVIA smart 会計 きらら」は「本当の稼働に耐える」ことを強調する。

2011年06月09日 09時00分 公開
[吉村哲樹]

 SaaSクラウドコンピューティングを活用したアプリケーションというと、これまではCRMやSFAなどといった、情報系システムの機能を提供するものが多く、基幹系システムの機能をSaaSやクラウドで提供するという発想はあまり見られなかった。

 しかしここ1年ぐらいの間で、会計・財務分野を中心にERPパッケージや業務アプリケーションの機能をSaaSやクラウドで提供するサービスが、各ベンダーから提供されるようになってきた。本稿で紹介する、富士通の「GLOVIA smart 会計 きらら」(以下、きらら)も、そうした先駆的な製品の1つだ。

中堅・中小企業にクラウドERPを提供

 富士通は1970年代から、会計業務を中心とした、企業における共通基幹業務を支援するアプリケーションを広く提供してきた。現在同社は、ERP・業務アプリケーションのパッケージソリューションを「GLOVIA」ブランドとして展開しており、大手企業向けの「GLOVIA/SUMMIT」と、中堅企業向けの「GLOVIA smart」「GLOVIA-BP」の製品ラインをそろえる。

 2010年10月にリリースされたきららは、このラインアップに新たに加わる「GLOVIA smart きらら」という製品ラインの「第1弾製品」という位置付けだ。富士通マーケティング ソリューション事業本部 GLOVIAビジネス統括部 共通業務ソリューション部の和田幸子氏は、同社がきららを開発した背景について次のように説明する。

画像 富士通マーケティング ソリューション事業本部 GLOVIAビジネス統括部 共通業務ソリューション部の和田幸子氏

 「きららはGLOVIA smartのサブブランドという位置付けだが、想定するユーザーは年商100億円以下の中堅・中小企業。富士通ではこれまで、この規模の企業にフィットする会計パッケージ製品を持っていなかったが、きららでこうした企業にもソリューションを提供できるようになった」

 先ほど紹介したように、同社は会計パッケージ分野で長い実績を持っており、特に中堅企業向け製品の「GLOVIA smart」は、中堅・中小企業向けのERP市場で高いシェアを誇る。こうした実績の積み重ねの中で培われた豊富なノウハウが、きららにも引き継がれているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

天候と位置情報を活用 ルグランとジオロジックが新たな広告サービスを共同開発
ルグランとジオロジックが新たな「天気連動型広告」を共同開発した。ルグランが気象デー...

news130.jpg

“AI美女”を広告に起用しない ユニリーバ「Dove」はなぜそう決めたのか
Unilever傘下の美容ケアブランド「Dove」は、「Real Beauty」の20周年を機に、生成AIツー...

news099.png

有料動画サービス 34歳以下では過半数が利用経験、4割は1日1回以上利用
「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2024」を基に、テレビ画面での動...