日立、ERP「GEMPLANET Ver.2」のIFRSアドプション機能強化NEWS

ERPパッケージ「GEMPLANET Ver.2」がIFRS対応機能を強化した。ポイントは複数帳簿対応と、固定資産の複数償却対応。日立製作所は「IFRS、日本基準の決算を同時に実現する」としている。

2010年09月29日 11時18分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日立製作所は9月29日、中堅規模企業向けのERPパッケージ「GEMPLANET Ver.2」のIFRS対応機能強化版を10月1日に発売すると発表した。主に複数帳簿機能、固定資産の複数償却に対応させた。

 機能を強化したのはGEMPLANET Ver.2の「会計管理」と「固定資産管理」の両モジュール。日本基準に加えて、IFRSのアドプションにも対応できるのが特徴という。会計管理では、1つの会計伝票からIFRSと日本基準のそれぞれの勘定元帳へ同時に転記できる機能を追加した。それぞれの差分仕訳も登録可能で、日立は「煩雑な複数帳簿の管理に悩まされることなく、IFRS、日本基準の決算を同時に実現する」としている。

 もう1つの追加機能は固定資産の「複数償却管理機能」。固定資産を償却する際の耐用年数の算出について、日本基準の経済的耐用年数、税法基準耐用年数と、IFRSの経済的耐用年数に対応し、それぞれの基準ごとに償却計算を行うことができる。これによってそれぞれの基準に対応した勘定元帳に会計伝票を転記することができるといい、固定資産管理の効率化を実現するという。

 日本基準からIFRSへの会計コンバージェンスの対応機能として、財務諸表の過年度遡及修正機能、過年度の償却計算機能、包括利益計算書の作成機能も追加した。

 会計管理モジュールは210万円から、固定資産管理モジュールは105万円から。それぞれ2011年4月1日に出荷開始する。

関連ホワイトペーパー

ERP | 日立製作所 | 業務改善


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。