企業のERP投資が拡大、お金が向かうのは?識者が語る「ERP製品選択の目」:アイ・ティ・アール 藤巻信之氏

大企業、中堅企業を中心にERPへの投資が好調だ。「アベノミクス」と呼ばれる経済政策の恩恵を受けるとみられる輸出型の企業を中心にERPのグローバル案件が増えている。ERP投資はどう進むのか。識者に聞いた。

2013年06月04日 08時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 大企業のERP投資が戻ってきたようだ。アイ・ティ・アール(ITR)が4月25日に公表した国内ERP市場の調査結果によると、大企業向けERP市場(8社の製品が対象)は2011年度に前年度比8.4%の増加、2012年度は9.2%の増加が見込まれる。大企業は何を期待してERPへの投資を再開したのか。ITRのシニア・アナリスト 藤巻信之氏に聞いた。

 国内ERP市場全体では2011年度に前年度比5.4%増と堅調な伸びだった。2012年度は、さらに市場が拡大し、7.4%の成長を見込んでいる。この成長をけん引するのは大企業向けのERPだ。藤巻氏によると、大企業向けERPでは輸出型企業を中心とするERPのグローバル展開に伴う基幹システムのアップグレードやリプレースが発生。ERPベンダーの売上高を押し上げた。特に好調だったのは幾つかの大型案件を獲得したSAPだった。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...