2011年08月11日 09時00分 公開
特集/連載

ERP導入で連結決算を早期化するには教えて経理部長【第10回】

ERPを導入することで連結決算を早期化したい――そう期待する経理部門は多い。IT部門がその期待に応えるには親会社と子会社の勘定科目やマスターの統一がポイントになる。

[五島伸二,アドバ・コンサルティング]

質問

グループ全体の業務改善を目的に、親会社である当社を含めたグループ主要5社の基幹システムを共通のERPで刷新することになりました。その基幹システム刷新プロジェクトの打ち合わせで経理部門から、ERP導入に当たっては連結決算早期化を考慮することを要請されました。具体的に、どのような点を考慮したらよいでしょうか?


関連ホワイトペーパー

ERP | 運用管理 | 業務プロセス | 基幹システム | 業務改善 | SAP


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。