2012年05月31日 09時00分 公開
特集/連載

在宅勤務の導入率は24%、変化する勤務形態とERPの利用状況はERPの利用状況と勤怠管理に関する読者調査結果リポート

ERPと在宅勤務についての読者調査を実施。ERPの導入率や導入製品の他、在宅勤務の目的、IT投資動向などが分かった。概要を紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年5月9日から21日まで、会員を対象に「ERPの利用状況と変化する勤怠管理についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のERP利用の実態や今後の投資、在宅勤務など新しい形態の勤務についての動向が分かった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員のERPの利用状況と勤怠管理について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年5月9日から21日

有効回答数:295件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


年商規模に比例してERP導入率も上昇

 ERPの導入状況は「導入済み」が50.8%だった。独自開発のアプリケーションを使っているとの回答が19.8%あった。ERPの導入率は基本的に企業の売り上げ規模と比例している。売り上げが1000億〜1兆円未満の企業ではERP導入率が86.8%となる。500億〜1000億円では78.9%だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...