2010年11月17日 22時41分 公開
ニュース

クラウドERP「NetSuite」に最新版、グローバル対応強化NEWS

ERP機能をネットワーク経由で提供するNetSuiteに最新版が登場した。企業のグローバル展開を支援する機能などを追加。クラウドERPのより広範囲な活用が可能になる。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの機能をネットワーク経由で提供する「クラウドERP」のネットスイートは11月16日、「NetSuite OneWorld」の最新版を発表した。経営管理機能の最新版も提供する。ネットスイートの代表取締役社長 田村 元氏はオンプレミス型ERPのライセンスコストや保守コストに不満を持つ企業にNetSuiteが受け入れられているとして、「日本でのビジネスは順調だ」と話した。

 NetSuiteの最新バージョンではユーザーインタフェースを刷新し、必要な情報をより見つけやすくした。デザインや配色についてもユーザーが親しみやすいようにしたという。

画像 NetSuite OneWorldのCEOダッシュボード画面
画像 NetSuite OneWorldの子会社間の在庫転送画面

 また、経営管理機能を提供する「NetSuite OneWorld Release J 2010」では、グローバル対応可能な在庫管理機能を新たに追加。Webブラウザの操作で、海外を含めた子会社の在庫を移動させることができるという。また、税制対応も強化した。従来の米国、イギリス、オーストラリア、日本に加えて、ドイツやオランダなどの税制に対応した。複数のローカル税制に対応できる。

 ネットスイートはNetSuiteユーザー向けのワークフロー管理サービス「SuiteFlow」も発表した。複雑なビジネスプロセスの作成とカスタマイズが可能で、NetSuiteとほかのアプリケーションとの連携が行いやすくなるという。

関連ホワイトペーパー

ERP | 経営 | 在庫管理 | SaaS | ワークフロー


ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...