2010年11月17日 22時41分 公開
ニュース

NEWSクラウドERP「NetSuite」に最新版、グローバル対応強化

ERP機能をネットワーク経由で提供するNetSuiteに最新版が登場した。企業のグローバル展開を支援する機能などを追加。クラウドERPのより広範囲な活用が可能になる。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの機能をネットワーク経由で提供する「クラウドERP」のネットスイートは11月16日、「NetSuite OneWorld」の最新版を発表した。経営管理機能の最新版も提供する。ネットスイートの代表取締役社長 田村 元氏はオンプレミス型ERPのライセンスコストや保守コストに不満を持つ企業にNetSuiteが受け入れられているとして、「日本でのビジネスは順調だ」と話した。

 NetSuiteの最新バージョンではユーザーインタフェースを刷新し、必要な情報をより見つけやすくした。デザインや配色についてもユーザーが親しみやすいようにしたという。

画像 NetSuite OneWorldのCEOダッシュボード画面
画像 NetSuite OneWorldの子会社間の在庫転送画面

 また、経営管理機能を提供する「NetSuite OneWorld Release J 2010」では、グローバル対応可能な在庫管理機能を新たに追加。Webブラウザの操作で、海外を含めた子会社の在庫を移動させることができるという。また、税制対応も強化した。従来の米国、イギリス、オーストラリア、日本に加えて、ドイツやオランダなどの税制に対応した。複数のローカル税制に対応できる。

 ネットスイートはNetSuiteユーザー向けのワークフロー管理サービス「SuiteFlow」も発表した。複雑なビジネスプロセスの作成とカスタマイズが可能で、NetSuiteとほかのアプリケーションとの連携が行いやすくなるという。

関連ホワイトペーパー

ERP | 経営 | 在庫管理 | SaaS | ワークフロー


ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。