TechTargetジャパン

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?
 ビジネスのIT化が進んだことで企業のデータ基盤は複雑化しており、処理の遅延が迅速な経営判断の足かせとなっている。そこで開発された「インメモリ技術」は分析などの処理をメモリ上で実行することで、I/Oのボトルネックを解消して、データベースのパフォーマンス向上...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

Webキャスト
クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは?
 近年、企業のIT運用は、ワークロードの一部をクラウドで実行し、必要なものをオンプレミスに残すハイブリッド型へと移行しつつある。しかし、それだけではITインフラにおける運用コストを十分に最適化したことにはならない。 オンプレミスの部分では依然として、ストレ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「アプリを仮想化運用するとパフォーマンスは劣化する」は本当か?
 仮想化基盤を採用している企業でも、Microsoft Exchange Server、SAP、Oracle Databaseといったビジネスクリティカルアプリケーション(BCA)は仮想化されていないケースが少なくない。仮想化に対する不安が、BCAの責任者に根強くあるのがその要因だ。 仮想化に対する...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
膨大なデータと業務システムの統合運用で、より的確な意思決定プロセスを構築
 データ分析を的確な意思決定に生かすには、必要に応じてリアルタイムに近い分析結果を入手しなくてはならない。これはビッグデータについても当てはまる。POSデータも、医療データも、在庫情報も、全て必要な時に何度でも分析し、最新の結果を取得したのち、各種業務シ...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
SAP導入効果を事前検証、自社データを使って希望のSAP環境でテストする方法
 どんな製品でも、実際に導入すると、予想したほどの効果が得られないケースがある。特にエンタープライズ向け製品ではこうしたリスクを避けるため、評判の高い技術であっても、十分な事前検証をしてから導入することが重要となる。 さまざまなデータ活用に圧倒的な効果...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

事例
SAPシステムの運用コストを40%削減、タマホームに学ぶ基幹系のクラウド移行術
 住宅の施工・販売業者のタマホームは、「より良い家をより安く」をモットーにしたビジネスで成功を収めているが、ITインフラの運用においては大きな課題を抱えていた。急速な事業成長に伴うシステムの肥大化が、コストと工数を増大させていたのである。 同社が目指す高...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
 ITシステムのクラウド移行には、ハードウェア維持費を減らし、保守・運用をアウトソーシングできるというメリットがある。しかし、SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムをクラウド化するためには、サービスの信頼性に対する十分な評価が必要だ。 電子計...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
ナブテスコがSAPを含む200台のサーバをクラウド化、約1年で実現できた理由とは?
 モノを“動かす・止める”モーションコントロール技術を強みに、幅広い産業の発展に貢献するナブテスコはSAPで構築した基幹系システムやNotesやActiveDirectoryなどで構築した情報系システムを24時間、365日体制で運用している。このシステムは国内だけでなく、海外拠点...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
職場のiPad/iPhoneを管理する、MDM(モバイル端末管理)製品導入戦略ガイド
 スマートデバイスの活用は既に規定事項ともいえる現在、BYODを視野に入れたモバイルデバイス管理(MDM)は企業にとってトップクラスの課題になっている。本製品ガイドでは、3つの記事を通して企業のMDM導入を支援する。 1つ目の記事は、MDMツールの概略と最新トレンド...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
味の素・保土谷化学工業に学ぶ、基幹システムクラウド化の「成功のカギ」
 TCOの削減、BCP対策、業務プロセスの標準化・IT統制の強化などを目的に基幹システムのクラウド移行に取り組む企業が増えている。基幹システムは企業運営にとって「止めることができない」システム。クラウドへ移行した後の安定運用をどのように担保するか、コスト、運用...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

レポート
「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?
 ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle。新しいERP製品の実装を検討する場合、選択肢としてこの2社の製品が上がることは多いだろう。どちらのベンダーも市場占有率が高く、製品ラインに定評がある。果たしてこの2つの製品には、どのような違いがあるのだろうか。 ...(2015/12/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
塩野義製薬が「実際原価」の把握で競争力を向上、製造業におけるコストコントロール強化の威力
 高いコストコントロール能力が、なぜ製造業における競争力の源泉になるのか? それは、製造現場での改善活動の実効性が向上するからである。正確なコスト情報が把握されることで、現場でのさまざまな改善策の効果を着実につかむことができ、データを活用したムダのない...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
例えばOpenStack導入、クラウド基盤を「統合インフラ」で構築するという選択
 ビジネスを支えるIT環境の基本条件として、仮想化やクラウドへの対応はもちろん、適用業務に対する最適なインフラの構築・運用が求められる。統合インフラは、ネットワークモジュールから管理ソフトまで全てをそろえて効率良くサーバ環境を構築できるため、最適なインフ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
需要予測/顧客分析/テキスト分析も、小規模ISVが速やかにアプリを開発できるワケ
 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、自社製品やサービスを速やかに立ち上げることは事業課題である。SAP提供のOEMプログラムを利用し、「SAP HANA」プラットフォームを使い開発スピードを早め、ビジネス拡大を図るISVが既に何社も出てきている。 福祉・医療関...(2015/8/26 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは
 IT調査会社のガートナーは、Tableau、Qlik SenseなどのセルフサービスBIツールを、「データディスカバリ」製品と呼んでいる。データディスカバリ製品は、ビジネスにおいてデータを分析する人々の層を大きく広げた。ガートナーも、このジャンルの製品に力を入れるTableau...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
バックアップ基盤に存在するDB管理者とインフラ管理者のギャップを無くせ
 SAP、Oracle、Windows Serverなどを有するシステム環境では、各アプリケーション担当者がそれぞれの持ち場でデータのバックアップを実施しているケースが多い。そしてインフラ担当者は全体の安定稼働を保つため、定期的にシステム全体のバックアップを行っており、結果...(2015/8/7 提供:ノックス株式会社)

レポート
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは
 多くの企業で基幹業務を担っているERPシステムを、従来のオンプレミスからクラウドへと移行する事例が増えている。基幹システムのクラウド化については、懸念や不安の声もある一方で、どのようなメリットが考えられるのだろうか。 本稿では、代表的なERPパッケージであ...(2015/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

Loading