エクソンモービルのデータ担当者がMicrosoftやSAPとの契約交渉で得た“深い学び”Exxon Mobilが考えるデータ活用とDX【前編】

Exxon Mobilでセントラルデータオフィスのマネジャーを務めるアンドリュー・カリー氏は、24年間でIT担当から経営戦略までさまざまな現場を経験し、DXにつながる学びを得たという。その内容とは。

2023年12月26日 08時00分 公開
[Mark SamuelsTechTarget]

関連キーワード

データ | データ統合 | データ分析 | 経営


 アンドリュー・カリー氏はデータ活用の知見を生かして、石油大手Exxon Mobilでセントラルデータオフィス(Central Data Office)のマネジャーを務めている。この部署は同社にとってどのような役割を果たすのか。カリー氏が入社した経緯と、現在の役職に就くまでの道のりとは。

IT部門の現場仕事から学んだ、石油業界のビジネスプロセス

 カリー氏は聖フランシスコザビエル大学(St. Francis Xavier University)でIT分野を専攻し、1999年Exxon Mobilに入社した。入社から2023年までの24年の間に約14種類の業務を経験したという。同氏が勤務するセントラルデータオフィスは同社のデジタルトランスフォーメーション(DX)をつかさどる部門の一部だ。「私の役割は、他社では最高データ責任者(CDO)と呼ばれる役職に似ている」と同氏は説明する。

 カリー氏はカナダの油田採掘を支える海上通信事業に従事した際、ビジネスの仕組みとともに、採掘リグ(海底から天然ガスや石油を掘削するための労働者や機械を収容する、大規模な海洋構造物)を支援するヘリコプターや補給船の動きからさまざまなことを学んだという。「組織横断的な仕事をするうちに、自社の事業はどのようなものなのか、事業がどのように利益を上げているかを理解できるようになった」と同氏は振り返る。

 Exxon Mobilが所有する製油所の一つ、ベイタウン製油所(Baytown Refinery)での勤務からも学びを得たという。「私にはITとデータ活用に関する知見がある。だが自社の業務を理解していると自信を持って言えるだろうか、と内省する機会だった」(カリー氏)

 カリー氏はグローバルなIT調達施策に携わり、SAP、Microsoft、Dell Technologiesなど大手ベンダーとの間で契約交渉を担った。ITに関する責任者としての経験を積んだことで、データ部門の管理職に昇進することができたといえる。この経験は「ベンダーとの付き合い方や契約交渉の方法など、財務面を学ぶ素晴らしい機会だった」と同氏は述べる。

 この過程でカリー氏は、レガシーシステムの管理とクラウドサービス移行、クラウドベースのデータ基盤構築に従事し、上流部門(原油の探鉱や開発、生産までの開発段階)のDXにも携わることになった。「業務の初期から興味深い学びや所見を幾つも得た」と同氏は話す。「再利用可能なデータソースを構築できているか。効果的にデータを収集して、そのデータを再利用できるようにしているか。こうした教訓を、さまざまな場面で学んだ。上流部門におけるDXの経験を持ったことが、セントラルデータオフィスの責任者というポジションにつながった」


 中編は、セントラルデータオフィスの役割を全社に定着させるためにカリー氏がどのような取り組みを実施したかを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...