2019年07月17日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP HANA」の基礎知識【後編】「SAP HANA」を選ぶべき利用シーンとは? 判断ポイントを紹介

組織が「SAP HANA」を選択すべきかどうかの選択は、用途に依存する。導入すべきかどうかを判断するヒントを紹介する。

[Ethan Jewett,TechTarget]

関連キーワード

SAP | SAP HANA | アプリケーション | ERP


画像

 前編「いまさら聞けない『SAP HANA』とは何か? 主要機能と利用事例をおさらい」では、「SAP HANA」の主要な機能と用途を取り上げた。後編では、SAP HANAの採用を判断するポイントについて紹介する。

 SAP HANAが適するかどうかを判断する場合、対象となるSAP HANAの機能の成熟度を他の選択肢と比較検討するのが効果的だろう。コスト、その機能に対するSAPの注力度合い、機能を最大限に生かせる人材の有無も考慮すべきだ。

 ERP(統合業務)パッケージ「SAP S/4HANA」の場合、選択肢は明確だ。SAPはSAP S/4HANAに大きく力を入れている。SAP S/4HANAの運用は、最も一般的なSAP HANAの用途だ。

 だが他の用途の場合、それほど明確な選択肢はない。

用途によって異なる判断基準

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...