2019年05月02日 05時00分 公開
特集/連載

菓子メーカーとコンサルティング会社の事例を紹介「Oracle Database」から「SAP HANA」への乗り換えが増えているのは本当か?

Oracle DatabaseからSAP HANAへ移行した企業がどれだけあるかについては見解が分かれる。注目したいのは、移行によってメリットを得ている事例が実際に出ていることだ。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
画像

 菓子メーカーのFerrara Candy Companyは、インメモリデータベースの「SAP HANA」を導入した。営業部門がリアルタイムに消費者需要を捉えるための手段として、顧客情報を単一のビューで確認できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの導入を求めていたためだ。

 Ferrara Candy Companyは以前、何年にも渡ってSAPのビジネスインテリジェンス(BI)ツールを「Oracle Database」で運用していた。しかし同社のIT担当シニアディレクター、ムスタファ・ムスタファ氏は「パフォーマンスは当社の期待を満たすものではなかった」と語る。

 ムスタファ氏は2014年に同社に入社し、Oracle Databaseで運用していたBIツールの環境を刷新し、必要とするパフォーマンスを達成するよう命ぜられた。

 まずは概念実証(PoC)を実施し、データベースのパフォーマンスを調査した。Oracle DatabaseでBIツールを使用する特定のユースケースを想定し、それに対して9つのプロセスを設定した。Oracle Databaseからデータをレンダリング(何らかのデータを基にして表示内容を作ること)するのにかかる時間は6分だった。

 SAP HANAでBIツールを使用し、同じ9つのプロセスを実行したところ、3分で完了できたという。「データベースを切り替えただけで50%の時間短縮が可能になった」(ムスタファ氏)。さらにBIツールを最適化したところ、同じ9つのプロセスが2分まで短縮した。

 次にSAP HANAで実行するフロントエンドのレポーティング機能をBIツール「SAP BusinessObjects」のレポーティング機能に置き換えたところ、同じ9つのプロセスにかかる時間は1分未満に短縮された。「必要な情報を必要なときに取得できる環境ができた」(ムスタファ氏)

 Oracle DatabaseからSAP HANへの移行に伴い、Ferrara Candy Companyの営業担当者は、顧客情報を統一された単一のビューで確認できるようになった。結果として一貫性のある確実な情報と分析を基に、適切な行動を取ることが可能になった。

Oracle DatabaseからSAP HANAへの切り替えは増えているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...