2018年09月28日 05時00分 公開
特集/連載

Oracle Databaseからの移行例も「NoSQLにACIDトランザクションは無理」という“常識”をMongoDBが変える (1/2)

NoSQLベンダーのMongoDBは、同社のドキュメント指向データベース管理システムをアップグレードし、ACIDトランザクション関連機能を強化した。この取り組みが意味することとは。

[Craig Stedman,TechTarget]

関連キーワード

NoSQL | データベース | RDBMS


画像

 ドキュメント指向データベース管理システム(DBMS)を手掛けるMongoDBは、注目すべき複数の機能をリリースしている。これらの機能は、同社の同名DBMSを、企業向けアプリケーションとして実用的な選択肢にするよう設計されている。その中心となるのが、「MongoDB 4.0」での「ACIDトランザクション」関連の強化だ。ACIDトランザクションは、後述するACID特性を満たすトランザクション(DBMSの一連の処理)のことであり、リレーショナルDBMS(RDBMS)の大きな特徴として知られる。

 米国ニューヨークで開催したユーザーカンファレンス「MongoDB World」でMongoDBは、MongoDB 4.0に加えて、サーバレスのイベント駆動型コード実行サービス「MongoDB Stitch」も発表した。MongoDB Stitchは、アプリケーション開発の効率向上に役立つ。もともとMongoDB Stitchは、MongoDBのマネージドサービス「MongoDB Atlas」で利用するために提供された。

 MongoDBは、モバイルデバイス向けの「MongoDB Mobile」のβ版を利用できるようにした。加えてMongoDB Atlasのユーザー企業が、世界のさまざまな地域にデータを分散できるようにもした。パフォーマンス向上と法規制順守が目的だ。

 世界で最も広く使用されているNoSQL(RDBMSではないDBMS)として、MongoDBは認識されている。「Oracle Database」「SQL Server」のようなRDBMSの巨頭と比べると、存在感はまだかなり低い。MongoDBは2017年10月に株式を公開した。2018年1月に終えた事業年度の収益は1億5450万ドルだという。DBMS市場全体からすると小さな割合だ。

「マルチドキュメントACIDトランザクション」でNoSQLがRDBMS代替の有力候補に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...