マイクロソフトとSAPジャパンが共同開発したSOAベースの連携ソリューションNEWS

デスクトップアプリケーションとエンタープライズアプリケーションの統合を実現

2007年07月12日 20時16分 公開
[TechTarget]

 マイクロソフトとSAPジャパンは7月12日、共同で開発を行った初のソフトウェア製品「Duet for Microsoft Office and SAP(以下、Duet)」の販売を同日より開始したと発表した。本製品は、Microsoft Officeを使用してSAPアプリケーションへのアクセスをより簡単かつ柔軟にするための、企業ユーザー向けフロントエンドソリューション。エンタープライズサービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)をベースにしており、必要な情報やプロセスにアクセスしやすい環境を構築できるとしている。例えば、SAPアプリケーションに設定された就業規則と承認プロセスに基づき、Outlookの予定表から休暇申請をしたり、OutlookとExcelを使用してSAPレポートをリクエストし、SAPアプリケーションの情報をタイミングよく参照することが可能になるという。

 本製品の導入により、企業ユーザーは時間とコストの削減、業務プロセスにおけるコンプライアンスの強化、意思決定の強化、冗長性やデータエラーの削減を実現することが可能になるとしている。また、フロントエンドにMicrosoft Office製品を用いることで、ユーザーに特別なトレーニングなしで導入後すぐに利用できることを利点として挙げている。

 今回発表されたDuet 1.0は、全世界で発売後1年のうちに250社、40万ユーザーのライセンス販売を達成。両社は、「the 2007 Microsoft Office system」に対応した「Duet 1.5」のリリースを2007年末に予定しており、今後のロードマップとして次期Office製品に対応する「Duet 3.0」までの、長期にわたる機能強化プランを公表している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...