2021年10月26日 05時00分 公開
特集/連載

「GCP」と「RISE with SAP」を組み合わせて使う自動車販売会社 その狙いとは?フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【後編】

大手自動車販売会社のInchcapeはクラウドERPの「RISE with SAP」を導入し、そのインフラとして「GCP」を採用した。Inchcapeがクラウドサービス活用を進める理由と、同社のデータ活用に関する取り組みを説明する。

[Brian McKenna,TechTarget]

関連キーワード

SAP | Google | クラウドERP


 世界中でVolkswagen(フォルクスワーゲン)や本田技研工業(ホンダ)、BMWといった自動車メーカーの自動車販売を手掛けるInchcapeは、SAPがクラウドサービスとして提供するERP(統合業務)パッケージ「RISE with SAP」を新たに採用した。RISE with SAPの中核要素はSAPのERPパッケージ「SAP S/4HANA」だ。インフラとしてGoogleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)を利用する。

 Googleは声明で、InchcapeがGCPとRISE with SAPを導入することで実現できることについて述べている。その一つが、さまざまなデータソースから収集したデータを一元化して分析することだ。「SAP S/4HANAで取得したデータを分析するために、GCPのAI(人工知能)技術や分析技術を用いることもできる」と、Googleは説明する。

 「GCPとSAPの緊密な関係は、当社のデータ分析の取り組みを推進した」と、Inchcapeの最高デジタル責任者を務めるマーク・ディアンリー氏は語る。同社はRIZE with SAPを導入することで、ビジネスに役立つ洞察を得たい考えだ。

GCPとRISE with SAPを組み合わせるInchcapeの狙いとは

 Inchcapeは同社が利用するSAPの人事管理システム「SAP SuccessFactors」でも、RIZE with SAPのデータを活用しようとしている。SAPは「InchcapeはSAP SuccessFactorsのデータを利用して、福祉とサステナビリティの文化を形成し、多様性や健康、経済成長、男女平等といった課題の解決を目指すことができる」と述べる。

 SAP UK & Irelandのマネージングディレクター、マイケル・バーホーベン氏は「自動車市場はデジタル化に向かうための重要な岐路に立たされている」と語る。同氏はInchcapeがRIZE with SAPを採用することで、ITインフラの運用管理コストを大きく減らし、財務効率を向上させることが期待できるとアピールする。

 GoogleのGoogle Cloud部門で全世界の自動車、製造、エネルギー分野のマネージングディレクターを務めるドミニク・ウィー氏は、「自動車市場のリーダーで居続けるために、InchcapeはSAP製品のクラウドサービスへの移行を加速させている」と述べる。ウィー氏によるとInchcapeは、クラウドサービスのデータ分析機能で高速なデータ処理を実現しつつ、優れた洞察を獲得しようと努めている。

 SAPが提供するサービスに加え、GCPやそのパートナーが提供するサービスも「クラウドサービス活用の技術的な障壁を取り除くのに役立つ」とウィー氏は語る。「こうしたサービスを利用することで、Inchcapeはデジタルトランスフォーメーション(DX)推進のためのインフラを構築できる」(同氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに...

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...