「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは特選プレミアムコンテンツガイド

代表的なERPパッケージである「SAP ERP」を「Amazon Web Services(AWS)」で稼働させる企業が増えている。2社の導入事例から基幹システムをクラウド環境で構築するメリットを明らかにする。

2015年10月23日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは

 多くの企業で基幹業務を担っているERPシステムを、従来のオンプレミスからクラウドへと移行する事例が増えている。基幹システムのクラウド化については、懸念や不安の声もある一方で、どのようなメリットが考えられるのだろうか。

 本稿では、代表的なERPパッケージである「SAP ERP」を「Amazon Web Services(AWS)」で稼働させた2社の事例を基に、導入の背景、比較検討のポイント、本番稼働から得られたノウハウなどを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。