SAPをSaaSで、NTTデータが中堅・中小企業向けに月額料金で提供NEWS

中堅・中小企業向けERPパッケージ「SAP Business All-in-One」のSaaS提供がNTTデータから登場した。月額1万9800円から利用でき、関連コストを大きく削減できる。

2010年11月26日 21時23分 公開
[TechTargetジャパン]

 NTTデータは11月26日、SAPジャパンと連携し、SAPの中堅・中小企業向けERPパッケージ「SAP Business All-in-One」をSaaS(Software as a Service)で提供すると発表した。12月に営業活動を開始し、2011年2月にサービス提供を始める予定だ。

 新サービスの名称は「INERPIA」(イナーピア)。ユーザー企業はSAPを稼働させるためのハードウェアやソフトウェアライセンスを用意することなく、月額料金でSAP Business All-in-Oneを利用できる。初期費用は、会計、生産、購買・在庫、販売の標準テンプレートを利用する場合で、1460万円(税別)。月額料金は1ユーザーライセンスで1万9800円(税別、150ユーザーで利用の場合)。

 月額料金にはライセンス費用やアプリケーションの運用・保守費用、サーバ保守、データセンター利用料、バージョンアップ費用などが含まれる。ただ、バージョンアップは「無償で提供されるアプリケーションソフトの新しいプログラムの定期的な更新」に限られる。また初期費用にはクラウド環境構築、データ移行、トレーニング、3カ月のQ&A対応が含まれる。アドオン開発はオプションとなる。

 イナーピアを利用する最大のメリットはコスト削減。ハードウェアやソフトウェアライセンスを買い取る通常のSAP導入と比べて、初期費用で半減、運用保守費用は20〜30%の削減ができるという。イナーピア提供の基盤はNTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」を利用している。

 同社はテンプレート部分の多言語化や、人事、顧客管理、営業管理などの機能追加、IFRS対応、ビジネスインテリジェンス機能の実装なども今後行う予定。NTTデータグループではイナーピアの提供で、2012年度までに10億円以上の受注を目指すとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。