SuperStreamのクラウド利用が可能に、月額数万円からNEWS

エス・エス・ジェイがERPパッケージ「SuperStream-NX」のSaaS版を発表。パートナーと組んで、中堅・中小規模の企業に提供する。オンプレミス型と比べて5年間でTCOが半分になるという。

2010年11月19日 15時09分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 エス・エス・ジェイは11月18日、ERPパッケージ「SuperStream-NX」(以下、NX)のSaaS版を2011年2月に提供開始すると発表した。12社のパートナーと協力し、パートナー企業が実際のサービスを提供する。月額の提供価格は、1ユーザー当たり、数万円を想定している。同社の代表取締役社長 谷本善男氏は「会計/人事の領域はパッケージの適合率が最も高い」と指摘し、クラウド化の需要も高まると話した。

画像 エス・エス・ジェイの代表取締役社長 谷本善男氏

 NXのSaaS版で提供するのはオンプレミス版のNXのうち、一般会計、管理会計、経費精算管理、支払い管理、債権管理を含む「統合管理」モジュール。固定資産管理やグループ経営管理、人事・給与の機能についても将来のSaaS提供を計画している。

 SaaS版NXを提供するパートナー企業はNEC、富士通、日立情報システムズ、東芝ソリューションなど12社。データセンターにNXをホストし、ユーザーに提供する。シングルテナント、マルチテナントの利用、サービスレベルなどはパートナーによって異なる。導入期間は30日程度。SaaS版NXを試用できる30日間のトライアル環境も用意する。

 ターゲットとして考えているのは年商10億円から100億円の中堅・中小規模の企業。それ以上の規模の企業には従来のオンプレミス版の利用を勧める。コスト削減効果を訴える考えで、オンプレミス版のNXではライセンス価格が500万円、システム構築やハードウェアを含めると1000万円を超えるケースが多いのに対して、SaaS版のNXでは1ユーザー当たり月額数万円の価格(契約は3ユーザーから)を想定していて、「5年間のTCO(総所有コスト)は半分になる」(同社 マーケティング企画部 部長 山田 誠氏)としている。

 国内には年商10億から100億円の企業が約10万社あるといい、エス・エス・ジェイはそのうち2割の2万社がSaaS型のアプリケーションに移行すると想定。SSJはシェア10%、2000社の獲得を目指す。

関連ホワイトペーパー

ERP | SaaS | 人事 | クラウドコンピューティング


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。