SAP、企業間協業のプロセスを可視化するSCM製品群を発表NEWS

SCMソフトウェアの最新版「SAP SCM 2007」および輸送管理ソフトウェア「SAP TM 6.0」を発表。国際物流におけるプロセス連携と可視化を支援する。

2008年04月10日 19時25分 公開
[TechTargetジャパン]

 SAPジャパンは4月10日、SCM(サプライチェーンマネジメント)ソフトウェアの最新版「SAP Supply Chain Management 2007」(以下、SAP SCM 2007)と、輸送管理ソフトウェア「SAP Transportation Management 6.0」(以下、SAP TM 6.0)を発表した。4月末より販売を開始する。

 SAP SCM 2007は、従来装備している計画ツールや実行管理・監視ツールの機能強化に加え、企業間協業モデルの可視化や情報連携などの協業支援機能を強化。SOA(サービス指向アーキテクチャ)に対応しており、グローバルにまたがる協業先とXMLによる標準システム連携で情報共有が可能だ。

 新製品となるSAP TM 6.0は、グローバルサプライチェーンの複合一貫輸送における企業間の協業プロセスを管理し、輸送コスト、品質、納期の把握とドア・ツー・ドアの輸送進ちょくの可視化を支援する。

 また、両製品を併用して調達製造や出荷納入業務と物流業務を連携することで、サプライチェーンでの協業による合理性を高め、可視範囲を拡張することができるとしている。

関連ホワイトペーパー

SAP | SCM | SOA


ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...