2007年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

ExchangeやSAPもServer Coreのロールになり得るServer Core特集 Part2

Windows Server 2008の最小インストールオプションであるServer Coreを3回にわたって解説している。今回はその2回目になる。1回目の記事「Windows Serverプロダクトマネジャーに聞くServer Coreのメリット」はこちら。

[Christina Torode,TechTarget]

 Microsoftは、「Server Core」に関して幾つか大きな計画を持っているようだ。Server Coreは「Windows Server 2008」の最小インストール構成を意味する同社の用語である。Windows Serverチームのプロダクトマネジャーを務めるウォード・ラルストン氏によると、Server Coreでは優れたパフォーマンスを期待できるだけでなく、仮想化技術を利用することもできるという。将来的には、Exchange Serverに加え、SAPなどもServer Coreで利用できる可能性もあるようだ。

 先日、TechTargetのインタビューに応じたラルストン氏は、Server Coreの将来計画について語るとともに、IISや仮想化、Active Directoryなどのロール(機能)をServer Coreに組み込んだ場合と、フルインストールを行った場合のメリットとデメリットについて説明した。

―― 将来、Server Coreではどんなことを期待できるのですか。

ラルストン 現在われわれは、例えばServer Coreインストール構成にSQL Serverを組み込んだらどうなるだろうか、といったことを検討しています。これを仮想ハードディスク内にパッケージングすることにより、ユーザーが立ち上げて即座に運用できるようにするのです。また、Server CoreとExchange Serverを組み合わせたらどうか、将来的に、ユーザーがServer Coreに独自のロールを作成できるようにするのはどうか、といったことも検討しています。Server CoreにSAPを載せるといったことも考えられます。

―― テスターらの間では、Server Coreにさまざまなロールを組み込むことに対して賛否両論があるようです。Server CoreロールとしてのIIS 7.0のメリットとデメリットは何ですか。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...