2007年08月03日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Server Core特集 Part1Windows Serverプロダクトマネジャーに聞くServer Coreのメリット

Windows Server 2008の最小インストールオプションであるServer Coreを3回にわたって解説する。今回はその1回目。

[Christina Torode,TechTarget]

 Microsoftでは「Windows Server 2008」の最小インストール構成を「Server Core」と呼んでいる。次世代版のWindows ServerであるWindows Server 2008は、2007年末にリリースが予定されている。RTM(製造工程向けリリース)の予定日が近付くにしたがって、MicrosoftはServer Coreに最低限のサーバロール(機能)を次々と追加しており、最近ではIIS 7.0と仮想化機能が追加された。

 Windows Serverチームのプロダクトマネジャーを務めるウォード・ラルストン氏によると、Server Coreインストール構成はサーバの管理を簡素化するという。また、コマンドラインインタフェースの使い勝手をめぐるIT管理者の不安にも対処したそうだ。ラルストン氏は先ごろ、TechTargetのインタビューに応じ、Server Coreのメリット、ならびにセキュリティに関する誤解について語った。

―― Server Coreというオプションを導入したのはなぜですか。

ラルストン Windows Serverを最も信頼性の高い構成にしたいと考えたからです。そのために、われわれはユーザーにとって最も重要だと思われる4つのコアワークロード――DNS、DHCP、Active Directory、File Server――に注目しました。次に、これら4つのロールをサポートするのに不必要なものはすべてOSから外すことにしました。つまり、Windows ExplorerやMedia Player、さらにはグラフイカルユーザーインタフェース(GUI)に加え、OSとこれらの4つのコアロールをサポートするのに必要でないすべてのDLLとライブラリを完全に除外したのです。Server Coreに含まれるのは、非常に小さなフットプリントのインストール構成で、その容量はちょうど1Gバイト程度です。

―― Server Coreの管理には、GUIではなくコマンドラインを使用するということですね。コマンドラインを使って管理するというのは、コマンドプロンプトを覚えなくてはならないなど、面倒だと思っている人もいます。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...