2007年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Serverプロダクトマネジャーに聞くServer CoreのメリットServer Core特集 Part1

Windows Server 2008の最小インストールオプションであるServer Coreを3回にわたって解説する。今回はその1回目。

[Christina Torode,TechTarget]

 Microsoftでは「Windows Server 2008」の最小インストール構成を「Server Core」と呼んでいる。次世代版のWindows ServerであるWindows Server 2008は、2007年末にリリースが予定されている。RTM(製造工程向けリリース)の予定日が近付くにしたがって、MicrosoftはServer Coreに最低限のサーバロール(機能)を次々と追加しており、最近ではIIS 7.0と仮想化機能が追加された。

 Windows Serverチームのプロダクトマネジャーを務めるウォード・ラルストン氏によると、Server Coreインストール構成はサーバの管理を簡素化するという。また、コマンドラインインタフェースの使い勝手をめぐるIT管理者の不安にも対処したそうだ。ラルストン氏は先ごろ、TechTargetのインタビューに応じ、Server Coreのメリット、ならびにセキュリティに関する誤解について語った。

―― Server Coreというオプションを導入したのはなぜですか。

ラルストン Windows Serverを最も信頼性の高い構成にしたいと考えたからです。そのために、われわれはユーザーにとって最も重要だと思われる4つのコアワークロード――DNS、DHCP、Active Directory、File Server――に注目しました。次に、これら4つのロールをサポートするのに不必要なものはすべてOSから外すことにしました。つまり、Windows ExplorerやMedia Player、さらにはグラフイカルユーザーインタフェース(GUI)に加え、OSとこれらの4つのコアロールをサポートするのに必要でないすべてのDLLとライブラリを完全に除外したのです。Server Coreに含まれるのは、非常に小さなフットプリントのインストール構成で、その容量はちょうど1Gバイト程度です。

―― Server Coreの管理には、GUIではなくコマンドラインを使用するということですね。コマンドラインを使って管理するというのは、コマンドプロンプトを覚えなくてはならないなど、面倒だと思っている人もいます。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...