2019年11月01日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP S/4HANA Cloud 1908」の新機能 RPAと組み込み分析機能とは?S/4HANAが自動化機能を強化

2019年8月に発表されたSAPの「SAP S/4HANA Cloud 1908」にはRPA機能と組み込み分析機能が新たに加わった。これらの機能はビジネスプロセスの自動化を進めるが、こうした新機能を「飾り物」と呼ぶアナリストもいる。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | 業務プロセス | SAP HANA


画像

 SAPが2019年8月に発表した、統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」のクラウドサービス版「SAP S/4HANA Cloud」のバージョン1908には、新たにロボティックプロセスオートメーション(RPA)機能と組み込み分析機能が加わった。この2つの機能を使うことで、ユーザー企業はビジネスプロセスを容易に自動化できるようになる。

 システムが自動で問題を特定し、エンドユーザーに解決策を提案できるようになる――。そうした期待を語るのは、SAPで製品管理部門の責任者を務めるスベン・デネケン氏だ。「S/4HANA Cloudでは金融業界や製造業界での成長を重視している」とデネケン氏は説明する。「クラウドでのワークロード(アプリケーション)の運用を希望する製造企業が増えている。S/4HANA Cloudはそうした取り組みを可能にする」(同氏)

 「これらのRPAと組み込み分析機能は、基本的には飾り物だ」。ERPコンサルティング会社Enterprise Applications Consultingの社長でアナリストのジョッシュ・グリーンバウム氏は、こう話す。グリーンバウム氏はSAPがS/4HANA Cloudを、各業界向けに特化した機能を持つクラウドサービスにする必要があると指摘する。

S/4HANA CloudのインテリジェントRPAとは

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...