「SAP S/4HANA Cloud 1908」の新機能 RPAと組み込み分析機能とは?S/4HANAが自動化機能を強化

2019年8月に発表されたSAPの「SAP S/4HANA Cloud 1908」にはRPA機能と組み込み分析機能が新たに加わった。これらの機能はビジネスプロセスの自動化を進めるが、こうした新機能を「飾り物」と呼ぶアナリストもいる。

2019年11月01日 05時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | 業務プロセス | SAP HANA


画像

 SAPが2019年8月に発表した、統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」のクラウドサービス版「SAP S/4HANA Cloud」のバージョン1908には、新たにロボティックプロセスオートメーション(RPA)機能と組み込み分析機能が加わった。この2つの機能を使うことで、ユーザー企業はビジネスプロセスを容易に自動化できるようになる。

 システムが自動で問題を特定し、エンドユーザーに解決策を提案できるようになる――。そうした期待を語るのは、SAPで製品管理部門の責任者を務めるスベン・デネケン氏だ。「S/4HANA Cloudでは金融業界や製造業界での成長を重視している」とデネケン氏は説明する。「クラウドでのワークロード(アプリケーション)の運用を希望する製造企業が増えている。S/4HANA Cloudはそうした取り組みを可能にする」(同氏)

 「これらのRPAと組み込み分析機能は、基本的には飾り物だ」。ERPコンサルティング会社Enterprise Applications Consultingの社長でアナリストのジョッシュ・グリーンバウム氏は、こう話す。グリーンバウム氏はSAPがS/4HANA Cloudを、各業界向けに特化した機能を持つクラウドサービスにする必要があると指摘する。

S/4HANA CloudのインテリジェントRPAとは

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。