2019年10月18日 05時00分 公開
特集/連載

足踏みするユーザーも「SAP S/4HANA」への移行でオンプレミスが好まれる意外な理由

「SAP ERP」の保守サポート終了時期が迫っている。既に「S/4HANA」に移行したユーザーはどうやって移行したのか。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP HANA


画像

 SAPは、2025年に「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)の保守サポートを終了する。SAP ECCはERP(統合業務)ソフトウェア群「SAP ERP」の中核的なソフトウェアだ。SAP ECCユーザーは、いずれ「SAP S/4HANA」(S/4HANA)に移行する必要がある。移行には困難が伴うと予測するユーザーは少なくない。しかしSAPパートナーとして移行支援サービスを提供するApproyoのCEO(最高経営責任者)を務めるクリス・カーター氏は、S/4HANAへの移行をかなり楽観的に捉えている。

 カーター氏は、SAPのERPソフトウェア「SAP R/2」の時代からSAPの製品に関わっている。SAP R/2は、1990年代に利用されており、S/4HANAの前身に当たる。ApproyoはSAPパートナーとして、世界中の顧客にS/4HANAへの移行支援サービスを提供し、移行を支援した実績は既に100件を超えているという。

 S/4HANA移行の実態はどうなのか。カーター氏に聞いた。

―― S/4HANAへの移行を進めているユーザーはどの程度いるのでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...