2019年10月18日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP S/4HANA」への移行でオンプレミスが好まれる意外な理由足踏みするユーザーも

「SAP ERP」の保守サポート終了時期が迫っている。既に「S/4HANA」に移行したユーザーはどうやって移行したのか。

[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP HANA


画像

 SAPは、2025年に「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)の保守サポートを終了する。SAP ECCはERP(統合業務)ソフトウェア群「SAP ERP」の中核的なソフトウェアだ。SAP ECCユーザーは、いずれ「SAP S/4HANA」(S/4HANA)に移行する必要がある。移行には困難が伴うと予測するユーザーは少なくない。しかしSAPパートナーとして移行支援サービスを提供するApproyoのCEO(最高経営責任者)を務めるクリス・カーター氏は、S/4HANAへの移行をかなり楽観的に捉えている。

 カーター氏は、SAPのERPソフトウェア「SAP R/2」の時代からSAPの製品に関わっている。SAP R/2は、1990年代に利用されており、S/4HANAの前身に当たる。ApproyoはSAPパートナーとして、世界中の顧客にS/4HANAへの移行支援サービスを提供し、移行を支援した実績は既に100件を超えているという。

 S/4HANA移行の実態はどうなのか。カーター氏に聞いた。

―― S/4HANAへの移行を進めているユーザーはどの程度いるのでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...