2016年06月30日 10時00分 公開
PR

SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?3社提供ホワイトペーパー

ミッションクリティカルなシステムをクラウド移行する際に最も重視されるのがベンダーの信頼性だ。そこで、信頼できるベンダーに基幹系システムだけでなく情報系システムを含めたクラウド化を任せる企業が増えつつある。

[ITmedia]

 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。

 これらのサービスをトータルで提供するベンダーでは、ユーザーの機器持ち込みにも対応したデータセンターサービス、自由度の高い占有型VMware基盤などをパッケージとして利用できる。また、占有サーバで利用可能なSAP HANAを最適化されたテンプレートで導入することもできる。

 このようなクラウドを活用することで、SAP HANAシステムの導入負荷を軽減できるだけでなく、S/4HANA、HANAへの段階的な移行も可能となる。本コンテンツでは、このサービスの概要およびSAP HANAシステムの初期構築や拡張構築の詳細について解説する。豊富な導入実績も紹介されており、サービスを選ぶ上で重要なベンダーの信頼性も確認できる。