2008年04月23日 17時54分 公開
ニュース

NEWSSAPがSAP Business Oneの新版、機能と操作性向上で日本の商習慣に対応

ERPパッケージ「SAP Business One 2007B」の提供を開始。SAPアドオンの「XL Reporter」をコア機能に統合した。

[TechTargetジャパン]

 SAPジャパンは4月23日、「SAP Business One」の新版「SAP Business One 2007B」の提供を開始した。SAP Business Oneは中小企業向けに特化した財務会計、販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなど基幹業務を統合して管理できるERPパッケージ。

 新版では、照合処理機能において、内部で持っていた2つの照合エンジンを統合して新しい照合エンジンとすることで一部のリポート間で不整合が発生するリスクを軽減。また、輸送コストを自動的に仕訳に転記する機能拡張を行うとともに、SAPアドオンである拡張リポート機能と財務分析機能を提供する「XL Reporter」をコア機能に統合している。

 パフォーマンスと操作性の面では、日本の商習慣に対応した機能強化を行っている。前受・前払依頼と請求書処理の機能を強化し、処理プロセスや仕訳転記のロジックを拡張。そのほか、マスターデータのドロップダウン選択や計算ツールの表示といった操作性を向上した。また、オンラインヘルプを全面に改訂するとともに、コンテキストヘルプの強化により操作中の項目を簡単に表示できるようになった。さらには売掛請求書などの伝票をPDF形式で出力できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。