2009年01月15日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSSAPアプリを横断検索 SAPがエンタープライズサーチの日本語版を提供

「SAP NetWeaver Enterprise Search」日本語版の提供を開始。ユーザーはアプリケーションの違いを意識することなく、社内全体から情報検索が可能だ。

[TechTargetジャパン]

 SAPジャパンは1月14日、SAPアプリケーション検索ソリューション「SAP NetWeaver Enterprise Search」日本語版の提供を開始した。

 SAP NetWeaver Enterprise Searchは、SAP ERPの会計伝票データやSAP CRMの顧客データなど、複数のSAPアプリケーション内に存在する構造化データの中から、必要なデータを検索することができるエンタープライズサーチ製品。非構造化ファイルやHTML、XMLなどのWeb検索や他社の検索サービスとの連携も可能なため、ユーザーは複数のアプリケーション間の違いを意識することなく社内全体から必要な情報を検索できる。検索結果に表示された各データへのリンクから直接対象のアプリケーションを稼働し、自動的にログインが可能だ。また、Webサービスとして提供されるため、Webブラウザおよび既存の社内ポータル上で利用できる。

 ユーザーのアクセス権限に基づいたセキュアな検索が可能なほか、検索する際にユーザーの業務内容(固有ロール)が自動認識されるため、例えばビジネスニーズがまったく異なるマーケティング担当者とIT管理者が検索する場合の検索結果は大きく異なる。それぞれのユーザーに適切な情報を提供することで、生産性の向上を実現するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。