2019年03月22日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドでABAP開発環境が使えると何がすごいのか 「SAP Cloud Platform」の進化開発手法はアジャイルに

SAPは「SAP Cloud Platform ABAP Environment」の提供によって、SAP ABAP開発者はそのスキルをクラウド環境でも生かせるようになった。だが、開発手法は見直す必要があるかもしれない。

[Christine Parizo,TechTarget]
画像

 これまで、ラピッドイテレーション(高速反復型開発)とSAP製品とは同じ文章の中で両立することはなかった。だが「SAP Cloud Platform ABAP Environment」によって局面が変わるかもしれない。これにより、プログラミング言語「ABAP」(Advanced Business Application Programming)がクラウドで利用可能になる。

 開発者はABAPの既存のスキルをDevOpsにもアジャイル手法にも利用できる。その結果、ビジネスに必要なアプリケーションを迅速に提供できるようになる。専門家によると、SAP Cloud Platform ABAP Environmentは開発者が求めるものを提供するだけでなく、SAPの長期にわたるABAPへの取り組みを実証しているという。

カスタマイズを可能にするABAP

 ABAPの当初の考え方は、開発者が必要に応じてSAPのERPシステムをカスタマイズできるようにすることだった。「企業がオンプレミスシステムをアップグレードすることもメンテナンスすることも必要ないならば、この考え方はうまくいく」と話すのは、SAPで製品マーケティング部門のグローバルバイスプレジデントを務めるダニエル・ラル氏だ。だが、SAPアプリケーションを利用し続けている顧客は、ABAPのカスタムコードが3百万行を超えることは珍しくない。SAPが更新パッケージをリリースするたびに広範囲に及ぶ回帰テストを実行する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...