2019年10月04日 10時00分 公開
PR

デジタル変革を支えるインフラ選び差し迫るSAP HANA移行 プロジェクトを成功に導くITシステムは何を選ぶべき?

レガシーシステムをモダンなシステムに置き換え、ビジネスのスピードアップとイノベーションを推進する節目になるのが2025年だ。残された時間でデジタル変革を進めるには、システムをどう変え、その基盤となるITシステムをどう選ぶべきか。

[ITmedia]

 経済産業省が2018年9月に発表した資料「デジタルトランスフォーメーション(DX)レポート 〜ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開〜」(以下、DXレポート)は、老朽化したITシステムを使い続けることで日本企業が国際競争力を失い、多額の経済損失が生じる可能性について警告している。

 2025年はSAPが提供するオンプレミスERP(統合業務)ソフトウェア群「SAP ERP」のサポートが終了する年だ。基幹業務システムとしてSAP ERPを運用しているユーザー企業は、2025年までにどのように新システムに移行すべきか、すぐにでも決断を下さざるを得ない状況だ。グローバル規模でITを取り巻くビジネス環境を俯瞰(ふかん)すると、先進企業は急速なデジタル化を実現し、次々と破壊的イノベーションを引き起こしている。この現状を踏まえれば、日本企業もレガシーシステムを現状のままにこだわり続けるのではなく、SAP ERPのサポート終了を好機として、DXを加速する最適なITシステムの構築に意識を向ける方が建設的ではないだろうか。

 特に、市場環境の変化やビジネス成長への柔軟な対応、事業継続性の担保、ビジネススピードの向上、リアルタイムな意思決定において、ITシステムが果たす役割は従来よりも大きくなっている。DXをどのようなITシステムで実現していくかは、IT部門だけでなく経営層や事業部門も十分認識しておく必要がある。

 本稿は、DXを支えるERPに欠かせない、次世代のITシステムに必要な要素を考察する。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部