2019年07月23日 10時00分 公開
PR

標準運用付きクラウドサービスが鍵にSAPやOracleにも「2025年の崖」? 利用企業に立ちはだかる5つの課題とは

クラウド活用が一般化しつつあり、「自社もクラウドに」と基幹システムの移行を考える企業は少なくないだろう。だが特に「SAP ERP」や「Oracle EBS」を利用する企業は注意が必要だ。それはなぜか。

[TechTargetジャパン]

 経済産業省が2018年9月に公開した「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会の報告書」で報告された、いわゆる「2025年の崖」が話題になっている。

 企業が今後の成長や競争力の強化にデジタル技術を活用し、新たなビジネスモデルを創出するデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組まなかった場合、2025年以降、年間最大で12兆円の経済損失が生じる可能性があるという内容だ。実はこれとは別の「崖」に直面している企業がある。それは現在「SAP ERP」を利用している企業だ。

 SAP ERPの保守サポートが2025年に終了することから、次世代製品の「SAP S/4HANA」に移行する必要がある。SAP S/4HANAは単なるバージョンアップではなく、インメモリデータベース「SAP HANA」をベースにアーキテクチャを見直したものだ。当然データベースはSAP HANAを利用しなければならないため、バージョンアップ作業の他、データベースの移行も必要だ。この課題をどう克服するか。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部