2008年10月10日 09時00分 公開
ニュース

SAP BW導入済みのヘルスケア企業が現場活用を補完するBIシステムとしてDr.Sum EAを導入NEWS

全国約400人の医療情報担当者が利用するBIシステムにDr.Sum EAを採用し、会議資料の作成やデータ分析作業などのMRの業務効率を向上。操作方法、Q&A、活用方法などをまとめたマニュアルをポータルに公開し、社内活用促進を図った。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズは10月9日、ヘルスケア企業のノボ ノルディスク ファーマが、医療情報担当者(以下、MR:Medical Representative)が活用する販売実績データの分析システムに「Dr.Sum EA」を採用したことを発表した。導入により、会議資料の作成やデータ分析作業などMRの業務効率が大幅に向上したという。

 ノボ ノルディスクファーマでは、2006年にビジネスインテリジェンス(BI)ツール「SAP BW」導入により販売データやマーケット情報の取得・分析環境を構築し、MRにリポートを電子メールで配信していた。しかし、「メールではなく自分で自由に情報を取得したい」という現場ニーズが挙がっていたことや、2007年12月に新しい持効型インスリンアナログ製剤「レベミル」が発売されたことをきっかけに、MRがより詳細なデータを自由に分析できるツールの導入検討を始めた。Dr.Sum EA導入の決め手としては「コストパフォーマンス」「Web環境で容易な操作性」「柔軟なデータ分析」の3点を挙げている。

 システム構成としては、SAP BWと同じデータソースからDr.Sum EAのデータウェアハウス(DWH)を作成し、「Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web」でリポートを表示している。この新BIシステムは「サプリ」という愛称で呼ばれ、2008年2月より稼働を開始。稼働後はWeb上でリポートを表示し、簡単な操作で各自の販売実績の分析が可能になったという。また、ワンクリックで分析結果をExcelに出力できる点や、アクセス権限の設定で不必要なデータの流出も防げるといったセキュリティ面も評価している。

 このほか、病院や薬局などの情報が登録されているアルトマークデータをDr.Sum EAに登録し、Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web上でGoogleマップと連携することで、医療機関情報へのアクセスの効率化を実現している。さらに、サプリの操作方法、Q&A、活用方法などをまとめたマニュアルをポータルに公開し、社内活用促進を図っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...