2020年01月09日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP Cloud Platform」とは? クラウド版SAP S/4HANAとの違いは「Neo」と「Cloud Foundry」が中核要素

SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」は、同社の他のサービスとどう違うのか。主要な機能と特徴を説明する。

[Linda Rosencrance,TechTarget]

 SAPの製品群を理解するために、重要な点を1つ明確にしておく。それはSAPの「SAP Cloud Platform」が、同社の統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」を導入する手法の一つというわけではないことだ。SAP Cloud Platformは、クラウドで運用されているSAP S/4HANAを指しているわけではない。新しいテクノロジー同士を組み合わせるためのPaaS(Platform as a Service)だ。

SAP Cloud Platformのメリット

 SAP Cloud Platformは、オンプレミスまたはクラウドで運用するERPパッケージの機能を拡張して、SAPの「SAP Leonardo」を活用するための橋渡しの役割を果たす。SAP Leonardoは、モノのインターネット(IoT)やブロックチェーン、機械学習などに関する製品/サービス群だ。

 Appleの「iOS」用SDK(ソフトウェア開発キット)やオープンAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)など、SAP Cloud Platformは多数のツールを備えている。ユーザー企業はこうしたツールを利用することで、クラウドにおける業務アプリケーションの効率的な構築、拡張、連携が可能になる。

 インメモリデータ処理システム「SAP HANA」の機能をクラウド形式で提供する「SAP Cloud Platform, SAP HANA Service」も、SAP Cloud Platformから利用できる。SAP Cloud Platform, SAP HANA Serviceを利用すれば、プログラミング言語「Java」のAPIや各種のアプリケーション実行環境を使って、SAP Cloud Platformで運用する自社アプリケーションから、SAP HANAデータベースを利用できる。

SAP Cloud Platformの2大中核要素「Neo」と「Cloud Foundry」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...