SAPの売上高は前年比4%減も、クラウド事業が11%増加 2020年第3四半期決算TechTarget発 世界のITニュース

SAPの株価は、2020年第3四半期の売上高が投資家の期待を裏切ったため下落した。ただしこの下落は一時的なものだという見方もある。背景には、SAPが進めるクラウドサービスへのシフトがある。

2020年11月11日 15時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP


 2020年第3四半期(7月〜9月)にSAPの売上高は大きな打撃を受け、同社の株価は大幅に下落した。このニュースは投資家を震撼(しんかん)させた。ただしSAPはクラウドサービスへの移行戦略を強調しており、長期見通しは手堅い。

 SAPは2020年10月25日(現地時間)、2020年第3四半期の国際会計基準(IFRS)による売上高が65億3500万ユーロで、2019年同期から4%減少したと報告した。投資家は結果に失望し、同社の株価は翌月曜日の同月26日に約20%下がり、市場価値で約280億ユーロ下落した。

「クラウドファースト」企業へと変わり始めたSAP

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...