2020年11月13日 13時00分 公開
ニュース

ランサムウェア集団「Maze」が活動終了を発表 “カルテル”は否定も残る懸念TechTarget発 世界のITニュース

ランサムウェア犯罪集団「Maze」が活動終了を発表した。「Mazeカルテル」の存在は否定したが、複数の声明の間には食い違いが見られ、真相は不明だ。

[Alexander Culafi,TechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃 | セキュリティ


 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)「Maze」による攻撃はようやく終息した可能性がある。2020年11月1日、Mazeを使って攻撃を仕掛ける同名のサイバー犯罪集団が、詐取したデータを公開するWebサイトに声明を投稿した。Mazeの結成は2019年だとみられ、結成から1年余りで活動を終えたことになる。

 Mazeのものとみられる声明には複数のスペルミスがあった。主要な内容は以下の通りだ。

“Mazeカルテル”の存在は否定 ただし別の証言も

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。