ランサムウェア集団「Maze」が活動終了を発表 “カルテル”は否定も残る懸念TechTarget発 世界のITニュース

ランサムウェア犯罪集団「Maze」が活動終了を発表した。「Mazeカルテル」の存在は否定したが、複数の声明の間には食い違いが見られ、真相は不明だ。

2020年11月13日 13時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃 | セキュリティ


 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)「Maze」による攻撃はようやく終息した可能性がある。2020年11月1日、Mazeを使って攻撃を仕掛ける同名のサイバー犯罪集団が、詐取したデータを公開するWebサイトに声明を投稿した。Mazeの結成は2019年だとみられ、結成から1年余りで活動を終えたことになる。

 Mazeのものとみられる声明には複数のスペルミスがあった。主要な内容は以下の通りだ。

“Mazeカルテル”の存在は否定 ただし別の証言も

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...