2012年05月08日 22時00分 UPDATE
ニュース

NEWSクラウドERPにBI機能を標準実装、NECが機能を拡張

ERPにBI機能を実装する流れがクラウドERPにも波及した。分析機能の強化を求めるユーザーのニーズに応える形でNECは「EXPLANNER for SaaS」にBI製品のライセンスを標準搭載する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 NECは5月8日、同社が提供するクラウドERP「EXPLANNER for SaaS」に、SAPBI(ビジネスインテリジェンス)製品である「SAP BusinessObjects」(BO)の1Named Userライセンスを標準で付けると発表した。提供は7月から。管理会計機能の強化を求める顧客のニーズに応える。同社の製造・装置業ソリューション事業本部 産業ソリューション事業部 EXPLANNER部 エキスパート 石渡通弘氏は、「SaaSのアプリケーションは常に進化するとの前提からBOを標準実装することにした」と話した(参考記事:老舗ERPがSaaSに、「EXPLANNER for SaaS」の新しさとは)。

 EXPLANNER for SaaSの1基本ライセンスに対してSAPの「SAP BusinessObjects Business Intelligence solutions」の1Named Userライセンスを標準で付ける。フル機能を利用可能で、加えてNECが開発した管理会計のダッシュボードも使うことができる。「管理会計の基本的な指標はすぐに見られる」(石渡氏)という。BOはEXPLANNER for SaaSが稼働する仮想マシン(VM)上で稼働する仕組みで「EXPLANNER for SaaSのデータをリアルタイムにBOに反映させることができる」としている(参考記事:インメモリ型DBやiPhone対応で「誰でも使えるBI」を目指した「SAP BusinessObjects BI 4.0」)。

画像 管理会計ダッシュボードの利用イメージ。プロジェクト別の実績を確認できる《クリックで拡大》

 BOのライセンスは有償で増やすことが可能。管理会計ダッシュボード以外の機能も利用できるが、その場合はユーザーの講習やシステム開発が必要になるケースがあるという。NECは管理会計の他に、販売管理や在庫管理、原価管理についてもダッシュボードを用意することを予定している。

 オンプレミスのERPに続き、クラウドERPでもBI機能を実装する製品が増えてきた。NetSuiteは既にBI機能を搭載。またセールスフォース・ドットコムは、ウイングアーク テクノロジーズを傘下に持つ1stホールディングスと資本提携し、クラウドアプリケーションとBIとの連携製品を開発する計画だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

夏休み中の小学生のテレビ視聴は41分増、ネット動画視聴は26分増――スカパーJSAT調査
スカパーJSATは、夏休み中の小学生の生活時間についての調査を実施しました。

news021.jpg

継続的な改善でWebサイト育成、成功に近づくために必要なこと
Webサイト育成のポイントは、制作を担う部署だけでなく関係部署が連携して取り組むことに...

news019.jpg

匿名加工情報とは何か、内容まで知っている人はたった3%台――データサイエンティスト協会調査
一定のルールの下であれば本人の同意がなくても利用できる匿名加工情報ですが、現状では...