2013年09月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Appleのマーケット戦略は満点だがiPadよりも革新的――アナリストがSamsungに軍配を上げた理由

2010年の登場以来、常にタブレット市場をけん引してきたiPad。米市場調査会社による大手メーカーの製品比較では、多くのアナリストがiPadではなくSamsung製タブレットに高得点を与えた。その理由とは?

[Ed Hardy,TechTarget]

 市場調査会社である米ABI Researchは「タブレットを販売している大手メーカー全社の製品を比較して、韓国Samsungの製品が最も革新的である」と結論付けた。

 アナリストたちが今回評価したメーカーの中でSamsungに最高点を与えたのは、同社製タブレット端末の豊富さが理由だ。Samsungのデバイスは、小型の7インチ画面からやや大きい11.6インチ画面まであり、しかも2種類のOSに対応している。米Appleのタブレットはサイズが2種類で、OSは1種類のみだ。

 また、Samsungはデバイスに使用する部品のほとんどを社内で製造している点も評価につながった。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...