2014年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第2回】宣伝通りの効果が出ない? 次世代ファイアウォールやWAFの期待と現実

期待通りの効果を発揮してくれない――。次世代ファイアウォールやWAFといったネットワークセキュリティ製品に、こうした思いを抱くユーザー企業は多い。期待と現実の間に潜むギャップを探る。

[森本昌夫,ジュニパーネットワークス]

 第1回「次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由」では、ネットワークセキュリティ技術の有効性に関する調査結果(調査概要は第1回記事を参照)から、ユーザー企業が最新のネットワークセキュリティ製品に満足できていない理由を紹介しました。第2回では、調査結果をさらに掘り下げ、

  • 新しいネットワークセキュリティ技術に対するユーザー企業の認識
  • ユーザー企業のネットワークセキュリティへの取り組みに対する評価
  • 技術のセキュリティリスクに対する有効性

のそれぞれについて、ユーザー企業の考えを見ていきます。

連載:「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには


ネットワークセキュリティの取り組みに満足できていないユーザー企業

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...