2013年12月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第1回】次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由

サイバー攻撃の高度化に対処すべく、進化を続けるネットワークセキュリティ製品。だがユーザー企業は、現状のネットワークセキュリティ製品に必ずしも満足していないことが調査から明らかになった。その理由とは?

[森本昌夫,ジュニパーネットワークス]

 高度化するセキュリティ脅威の出現に対処するため、新しいセキュリティ対策技術が次から次へと生まれています。例えば、

などがその一例です。さまざまなベンダーが現在、新しいネットワークセキュリティ技術を搭載するこうした製品を数多く市場投入しており、それぞれがセキュリティ技術の有効性を主張しています。

 しかしながら多くのユーザー企業は、さまざまな理由から新しいネットワークセキュリティ技術や製品に満足しておらず、不十分だと考えているのが現状です。この事実は、米Juniper Networksの委託で米調査会社Ponemon Instituteが実施した、ネットワークセキュリティ技術の有効性に関する調査「Efficacy of Emerging Network Security Technologies」の結果から分かりました。

 ネットワークセキュリティ技術/製品は、なぜユーザー企業に満足されていないのでしょうか? 本連載では、新しいネットワークセキュリティ技術の有効性に関する調査結果を基に、ネットワークセキュリティ製品に対する期待と現実のギャップを分析し、ネットワークセキュリティ製品を生かすための工夫について解説していきます。

連載:「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには


ネットワークセキュリティの活用実態を調査であぶり出す

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...