2015年05月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

見えないところでスモールスタートSDN導入を成功させる「小さなことからコツコツと」

ネットワークの中断を避けるためには、企業は管理可能な部分にSDNを導入する戦略を採用するのが望ましいだろう。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

 多くの専門家はSDNを前途有望だと考えている。だが、急進的なネットワーク運用テクノロジーであるSDNは、段階的に導入するのがよいだろう。

 米ラスベガスで2015年4月末に開催された「Interop」に参加していた専門家は、SDNが手動で行っているネットワーク関連タスクを大幅に削減し、いずれは企業にとってなくてはならないものになるという考えに賛同した。

 残る問題は、どうやってSDNの導入に着手するかだ。

 その答えは「小さく始める」ことだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...