2015年06月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「AWS Summit Tokyo 2015」リポート:ソニーソニーが明かす“障害頻発”写真共有サービスの再構築、AWS活用でどう改善? (1/2)

2013〜2014年にかけて写真共有サービス「PlayMemories Online」でシステム障害を頻発させたソニー。AWSで独自に構築したIaaS基盤を再構築し、新たなスタートを切った。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Amazon Web Services | PaaS | IaaS | Amazon EC2 | DevOps | Docker


tt_sony190.jpg ソニー、システム再構築の方針《クリックで拡大》

 「Amazon Web Services」(AWS)は、ここ数年で多くのエンタープライズ事例を生み出している。アマゾン データ サービス ジャパンが2015年6月に開催した「AWS Summit Tokyo 2015」でも、30社以上のユーザー事例が紹介された。クラウドを利用する企業が増えている一方で、全ての企業が成功しているとは限らない。オンプレミスとはアーキテクチャの特性が大きく異なり、期待されるメリットも変わる。何より、多くのユーザー企業にとって初めての取り組みだ。表に出る事例のほとんどは、成功もしくはこれから取り組む事例だが、もしかすると実際には導入や運用で行き詰まっている企業も多いのかもしれない。

tt_aa_sony_t.jpg ソニー 玉井久視氏

 AWS Summit Tokyo 2015で、自らの苦い経験談を語ったのはソニーだ。同社は2013年から2014年にかけて、IaaS基盤に独自開発した写真共有サービス「PlayMemories Online」でシステム障害を頻発させた。2013年12月〜2014年4月にかけて、一部のユーザーがサインインできない状態が続いた。また、2014年10月には、アップロードされた写真および動画の一部が正常に表示されないといった障害も発生。その後、システムを一から作り直すことで立て直しを図り、現在に至る。ソニー UX・商品戦略本部 クラウド&サービスアプリ開発運用部門 部門長の玉井久視氏は、「最初に考えたシステムが無駄だったとは思わない。その経験があったからこそ今のシステムができた。以前のシステムの経験は非常に重要だった」と振り返る。本稿では、AWS Summit Tokyo 2015の講演内容を基に、貴重な経験の一部をリポートする。

以前のシステムの設計思想は、”クラウドOS”的な考え方だった

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

Twitter、J・K・ローリング原作の最新映画で「プロモステッカー」を日本でも提供開始
Twitterは、映画『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』の「プロモステッカー」を...

news111.jpg

「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視し...

news043.jpg

ケツメイシ15周年記念ライブで実現、ライブ×スマホ×カラオケの「O2O2O」プロモーション
激変する音楽業界で「ライブ」の価値が再評価される中、ここを起点に周辺ビジネスも新た...