2015年11月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

新旧ベンダーがしのぎを削る“無印”ネットワークスイッチ流行の兆し? 注目8社の製品動向

ネットワークスイッチのメーカーには、台湾などのODMベンダーだけでなく、有名企業も参入し、選択肢が広がってきている。8社の製品動向に注目し、市場の勢力図を見据えてほしい。

[Ethan Banks,TechTarget]
ocx1100 Juniper Networksの「OCX1100」は同社の「Junos OS」以外のネットワークOSも動作する(画像はJuniper NetworksのWebサイトから)《クリックで拡大》

 ホワイトボックススイッチ(ネットワークOSを搭載しない、ノーブランドのネットワークスイッチ)は多くのメーカーから提供されている。

 台湾Accton Technology、台湾Delta Networks、台湾Quanta CLOUD TECHNOLOGYといったベンダーは、自社のハードウェアをそれぞれ台湾Edgecore Networks、米Agema Systems、米iwNetworksを通じて販売している。米Dellのような有名企業も“ブライトボックス”スイッチ市場に進出している。ブライトボックス(brite-box)スイッチとは、有名ブランド製ホワイトボックス(branded white-box)スイッチを指す、米調査会社Gartnerの造語だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

news116.jpg

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

news068.jpg

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...