2014年12月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワークエンジニアは目をそらしてはいけないFacebookとGoogleが導入して話題の「ベアメタルスイッチ」とは?

サーバを皮切りに委託者のブランドで設計・製造する「ODM」製品が市場に登場し始めた。その波はネットワーク業界にも広がり、新しいタイプのスイッチが開発され注目を集めている。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]
jo_tt_141222_ss1.jpg

 ベアメタルスイッチ(ホワイトボックススイッチと呼ばれることもある)はニッチ市場だと考えられていた。だが、米Dellが突如参入したことで、他の大手ベンダーも近くベアメタルスイッチの市場に参入する可能性がある。ベアメタルスイッチのセットアップには特別なスキルが必要だと考えているかもしれない。だが、早期導入者は恐れおののく必要はないと話している。

 平均的なネットワークエンジニアは、ベアメタルスイッチが特殊なテクノロジーだと考えているかもしれない。サードパーティー製ネットワークOSを実行するベアメタルスイッチは、ネットワーク業界に劇的な変化をもたらした一因となっている。特にクラウドサービス/Webコンテンツ/金融サービス市場のデータセンターで働くオペレーターの多くは、ベアメタルスイッチを試すことに意欲的だ。ベアメタルスイッチは、ネットワーク業界に大きな経済的な転換をもたらす可能性を秘めている。また、ネットワークエンジニアは、これまでにない柔軟性とアジリティを手に入れられるかもしれない。

ベアメタルスイッチのメリットを整理

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...