2016年02月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アップデートの高速化で実証Windows 10が“最後のバージョン”となる「サービスとしてのWindows」、そのメリットは?

Windows 10の新コンセプトとして「Windows as a Service」(WaaS)がある。同コンセプトの下ではWindows 10がWindowsとして最後のバージョンとなる。では、そのWaaSのメリットとは? その詳細を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
Windows as a Service 常に最新のイノベーションを提供する "Windows as a Service"(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Windowsの動向を伝えるニュースサイト「SuperSite for Windows」のある記事で、「Windows 10」の新しいコンセプト「Windows as a Service」(WaaS)の大きな長所が紹介された。Windows 10の更新管理機能「Windows Update」には、定期的に提供されている更新プログラムが累積されている(※)。Windows 10は、クリーンインストールから最新の状態に更新する時間が「Windows 7」や「Windows 8.1」より大幅に短縮され、簡単になった。

※更新プログラムは2015年7月のビルド(バージョン)番号「10240」(10.0.10240)から月に1、2回提供されている。


ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...