2016年06月08日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「2016年に500万台販売」の現実味はAndroid化した「BlackBerryスマホ」が“iPhone超え”しそうなたった1つの根拠

「Android」への注力で起死回生を図るBlackBerry。Androidを搭載する同社の新型スマートフォンはセキュリティ機能が充実し、ビジネス用デバイスの有力候補の1つになる可能性がある。

[Jack Wallen,TechTarget]

関連キーワード

Android | OS | Google | iPhone | iOS | スマートフォン


BlackBerryはAndroidへの注力で起死回生を図る(TechTargetジャパン「悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか」より)《クリックで拡大》

 BlackBerryがGoogleのモバイルOS「Android」を採用したのには理由がある。AndroidスマートフォンとAppleの「iPhone」がスマートフォン市場を支配している現在、BlackBerryがAndroidスマートフォンで起死回生を図ろうとするのは当然の試みだ。

 実際、BlackBerryのCEOであるジョン・チェン氏は2016年1月、「この1年はAndroid搭載デバイスしか発売しない」と表明。同社の「BlackBerry OS」搭載デバイスを新たに発売する予定がないことを明らかにした。

BlackBerryのAndroidスマートフォン

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...