2016年08月03日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ある衣料品メーカーの実例に学ぶBIはスピードが命、従業員と経営者が進んで使いたくなるツールの条件とは?

現代のBIレポートツールは、かつてBIを減速させていたETLなどのプロセスを最低限に抑えることができる。ある衣料品メーカーの実例を紹介する。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 迅速な意思決定には誰もが使えるBIツールが鍵になる。画像はQlikTechの「Qlik Sense」《クリックで拡大》

 現代のBIレポートツールはスピードに尽きる――。カナダの衣料品製造、小売り業者Arc'teryx Equipmentが学んだのはそんな教訓だった。同社は最近、小売店の新規出店場所の見極めを支援しているレポーティングシステムを刷新した。当初の目標はプロセスの自動化推進にあったが、刷新以来、以前は何時間もかかっていたBIタスクの所用時間が大幅に短縮された。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...