2017年01月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

変わるIT部門が必要なスキルCIOが頭を悩ますIT人材不足、解決の鍵は「人事部門」

IT人材が不足している中、最高情報責任者(CIO)は人事部門と強固な関係を築く必要がある。「どのように関係を築けばいいのか」「なぜ協力が必要なのか」を紹介する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | 社員教育 | 経営 | 人事 | スキル


アラバマ大学の公式Webページ《クリックで拡大》

 米国にあるアラバマ大学(UAB)でバイスプレジデントと最高情報責任者(CIO)を兼務するカート・カーバー氏は、幅広い雇用戦略によってIT人材の不足に取り組んでいる。

 カーバー氏は人事部門と戦略的に協力するようになり、若手のIT人材や、型にはまらないIT人材を発掘するユニークなパートナー関係を構築している。また分析やセキュリティ、ビジネスインテリジェンス(BI)に関する専門知識を持つ従業員をUABに引き止めておくため、今まで以上のインセンティブを提供している。

 「毎年の昇給はしていないが、能力給を支払っている。セキュリティとBIの専門知識を持っているIT人材には、より多くの能力給を支払って人材の抱え込みを図っている。なぜなら、この分野の従業員は欠かすことができないからだ」とカーバー氏は説明する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...