2017年01月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

変わるIT部門が必要なスキルCIOが頭を悩ますIT人材不足、解決の鍵は「人事部門」

IT人材が不足している中、最高情報責任者(CIO)は人事部門と強固な関係を築く必要がある。「どのように関係を築けばいいのか」「なぜ協力が必要なのか」を紹介する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | 社員教育 | 経営 | 人事 | スキル


アラバマ大学の公式Webページ《クリックで拡大》

 米国にあるアラバマ大学(UAB)でバイスプレジデントと最高情報責任者(CIO)を兼務するカート・カーバー氏は、幅広い雇用戦略によってIT人材の不足に取り組んでいる。

 カーバー氏は人事部門と戦略的に協力するようになり、若手のIT人材や、型にはまらないIT人材を発掘するユニークなパートナー関係を構築している。また分析やセキュリティ、ビジネスインテリジェンス(BI)に関する専門知識を持つ従業員をUABに引き止めておくため、今まで以上のインセンティブを提供している。

 「毎年の昇給はしていないが、能力給を支払っている。セキュリティとBIの専門知識を持っているIT人材には、より多くの能力給を支払って人材の抱え込みを図っている。なぜなら、この分野の従業員は欠かすことができないからだ」とカーバー氏は説明する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...

news015.jpg

テレビCMを見ているとき、「脳」に何が起こっているのか?──ダイドードリンコのCM評価事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はダイドード...

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...