特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
2017年01月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IoTセキュリティが国家安全保障の議題になる「Mirai」より凶悪な攻撃が起きる――IoTセキュリティが2017年に進むべき方向は

2016年は、マルウェア「Mirai」によりIoTセキュリティが悲惨な状態にあることが分かった。今後、IoTを使った攻撃が増える見通しだが、セキュリティ対策はどのようにすればいいのだろうか。

[Sharon Shea,TechTarget]
Vectra Networksの公式Webページ《クリックで拡大》

 2016年、モノのインターネット(IoT)のセキュリティが悲惨な状態にあることが周知の事実となった。マルウェア「Mirai」を使った極めてシンプルかつ回避可能なボットネット攻撃が、インターネットに大規模な接続障害をもたらしたのだ。

 だが専門家によれば、2017年はマルウェアの影響を受けやすいデバイスがこれまで以上に増える見通しだという。となれば、ハッカーが目をつけるのも無理はない。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...

news133.jpg

Meituとシーエー・モバイルがメディア販売代理契約締結
シーエー・モバイルはMeituとメディア販売代理契約を締結。「BeautyPlus」や「MakeupPlus...

news093.jpg

パーソナライズド動画「personalize me」がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」と連携
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、同社のパーソナライズド動画サービス「pe...